スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Different colors

2014.08.16 06:57|雑記
結構経ってしまいましたが、8日は朝から晩までまるっとKづくしで東京を堪能してきました。当初は夜行で池袋に着き、どこかで朝ごはんを食べて、しばらくしてからそのままそこで映画を見る予定だったのですが、欲しかった映画特典が終了していたので慌てて新宿へ。まあここでも映画特典はなかったわけですが(笑)ごーらさんの室長SS欲しかった。

"MISSING KINGS"について、まずとにかく室長が着実に二期でのフラグを立てていくのが見ていてつらかったです。ひとりの背中から哀愁が漂ってましたし、何よりひとりのシーンがいつもより多い印象がありますし。あとはアンナと相対した時のシーンも心苦しいというか、きっと室長は誰かに責められたい気持ちもあるんじゃないかとしみじみ。途中にあった、伏見くんにボケをスルーされるシーンはあんこ回のようなコミカルさだったので和みました(笑)

八田ちゃんが映画の冒頭で廃人のごとく魂が抜けてましたが、ストーリーが進むにつれて元の調子を取り戻していくところはゲキアツ!でした。アンナもすっかり強い子になってしまって……今まではまさに「お人形さん」だったのにわだかまりが解消された途端、風格が出てきてびっくりしました。11歳とは。出雲さんはすごくいいとこ取りでした。悔しいけどよりかっこよく見えました。

クロが紫ちゃんにぼこぼこにやられている様がTVシリーズの7話で某青の人に軽くあしらわれていたシーンを彷彿とさせました(笑)尊さんにもそんな感じだったし、彼はそういう役回りなんでしょうか……八田ちゃんや伏見くんには優勢に立てるだけにちょっと可哀相。

ところで、もし二期があるとすれば室長も今までのように絶対な存在でいられなくなるんじゃないかな~と思います。それでも続きが見たいです~。あるとしたら10月のイベントで続編発表でしょうか?セプター4と吠舞羅が組むとは思いませんが、敵は緑になってもおかしくないですね。とりあえず映画を観た後、室長の今後のことを考えては若干魂が抜けてテンションが下がってました。死ななきゃいいんですけど。

映画の後にすぐさま舞台だったので、昼食をとる暇も、物販に並ぶ暇もなく……というか、物販がわりと品薄だったのかわかりませんが八田ちゃんと伏見くんのブロマイドは完売でした。友人にお使いを頼まれていたのですが買えずじまいでした。そういえばこの2人、公式最大手だった~!

舞台は7話までをアレンジした感じでして、結構1シーンが長すぎず短すぎず、ちょうど良い尺だったと思います。個人的には八田ちゃんが1番舞台版で好きかも。あとアンナ!アンナこそ舞台化のハードルが高かったはずなのに何の違和感もありませんでした。他のキャラも勿論ものすごく良かったです~。室長はなんだか可愛かったし、尊さんはアニメの画面からそのまま出てきたんじゃないか?というくらいに風格出てました。モブの方々も出てましたが秋山さんが近くを通った時は興奮のあまり直視できませんでした。通路側の席だったので破壊力抜群でした。

舞台の後はアニカフェで室長のおそばを食べたり抹茶ドリンクを飲んだりしつつ、全部がKというすてきな空間でまったりしてました。布製コースターの尊さんがめちゃくちゃ可愛くて、使うのがもったいなくて、鑑賞用になりました。

Kはスピンオフが多くて追うのが大変ですが、地道にちまちま行こうと思います。落書き程度の絵しかまだ描いていませんが引っ越しが終わった後にでもサイトに載せようかと。そういえばいつの間にか帰国しました。24日には(一般参加ですが)イベント復帰します~。久々の名港で売り子をやることになりそうです。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。