スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒鍵のエチュード

2014.03.06 06:32|雑記
P2271077m.jpg
2泊3日でポーランドに行ってきました。ワルシャワとクラクフを行き来するのは時間的にキツかったです。レトロな街並みと美味しい食べ物と音楽をたっぷり堪能しました~いやはや楽しかった!欧州音楽家についてもいろいろ書きたいことがあるので続きは追記へ。

帰ってからはカーニバルがあったので見に行ってました。皆外でビール飲みまくるのがすごい。

基本的に引きこもり気質なオタクなのであちこち飛び回るのは楽しいんですが結構反動で家に引きこもりたい衝動が来てます。先週の黒バスとペダルがまだ見れていないのでお茶でも飲みながらゆっくり見てようかな。友人に「諏佐今デートがアツイ」と並々ならぬ勢いでプッシュされてるので早く見なければ~。来週からは短期のコースが始まるのでまた学校なんですけど……さらば春休み……

あとまだ26巻が買えていないのでソワソワしながら待機してます。帝光編も終わったのでもうそろそろ洛山との試合が収録されるんですよね?うるわしの玲央姉が単行本でいつでもどこでも拝めるのが嬉しすぎます。本誌を追えないのが本当につらい。

ゲームの方はようやく氷室さんをお迎えできたのですが作業ゲーと化してきてるのでまったり進めてます。紫原くんかわいいヨ~。アニメで陽泉戦が始まってるので毎週陽泉メンバーの声が聴けるのはすごく幸せですね。福井さんは何回聞いてもさわやかすぎてクラっときそうです。パッと見はチャラそうなのに(笑)
ポーランド旅行の際にショパン博物館に行ってきました~。さっきの写真でも大々的に書かれているようにどうやらポーランドでは3月1日がショパンの誕生日として祝われてるようですね。その日に博物館に行ってそのまま帰ってきたのでコンサートには行けなかったのですが、ユンディ・リのコンサートがあったらしく後ろ髪を引かれる思いでした。

博物館内は音源も書簡資料も充実していて、撮影禁止でなければ何十枚と撮っただろうな~という感じでした。ショパンは勿論サンドの髪の毛も展示してありました。ショパンの髪の毛は落ち着いた茶色だったかな。スラブ人らしい色でした。デスマスクとか手の彫刻とかも見ました。

楽譜の展示も豊富だったように思います。有名な革命のエチュードからピアノ協奏曲まで。リストの楽譜と比べるとショパンのは見やすかったし、何といっても♪の書き方が丸っこくて可愛かったです。目の付け所がおかしい。

ショパンと友人たち、みたいな展示コーナーのところにリストやらメンゾーやらロベさまやらいろいろいらっしゃって破壊力が甚大でした。ロベルトとは2回しか会ってないんですね。勉強不足でした。ショパンはメンゾーと結構波長が合っていたような印象を受けました。リスト著「ショパン」の初版が展示されていたのも覚えてます。でもあんまりリスト関係はそれほど多くなかったような。でもリストがショパンのリサイタルに関して書いた評論の記事とかはあったかも……他のコーナーはポーランドの友人たちでひしめき合ってました(笑)

ショパンの生家は生憎改築中で中に入れないとのことだったので今回は諦めました。夏までにもう1回行くつもりなのでその時にリベンジしたいな~。

ワルシャワに向かう電車で隣の席だった若い女性が親切な美人さんだったんですが、いろいろ話してる時にポーランドの著名人についての話になって「日本ではショパンがポーランド人だって知られてる?」って聞かれたのがちょっと興味深かったです。「ドイツ人はショパンがフランス人だと思ってるのよね。ポーランド人なのに~(笑)」とか。そのお姉さんが本当に親切で、わざわざホテルまでの道のりを彼女のお姉さんに電話して聞いてくれたのがありがたかったです。忘れられない旅となりました。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。